自分の名前が護符になる「開運尊名符」

開運尊名符

販売期間限定2019年7月16日。

水晶院の開運尊名符(かいうんそんめいふ)とは?

世界でたった一枚だけの護符を手に入れる!自分の名前のパワーを信じてみよう!

開運尊名符

開運尊名符 表面と裏面と油性ペン!? が付いています。

●開運尊名符は今までの護符とはちょっと違います。既存の護符と何が違うかというと、「自分の名前」が護符として機能する点です。

説明します

画像の表面に白い縦長の空白があります。ココに自分の名前を書くようになっています。名前を記入するのは自分で書きます。自筆で御利益あるのかな?と、ちょっと不安になりますが、そのへんは、よく考えられています。

なんとペンに秘密があります!護符と同じく金持神社で御祈願いただいたペンになっています。この普通ではない縁起物のペンで書くことで自分で書いても大丈夫なんです。自分で気持ちを込めて書いたほうが願いが叶いやすいのかも☆

★名前を書き入れることで世界でたった一枚の完全オリジナルの護符が誕生します!(同姓同名であっても自筆なので字体が被ることはない)

▼この他にも開運尊名符には金運アップと開運についていろいろな工夫があります。

開運尊名符の御利益5つの鍵

  1. 8体の御守り本尊が描かれている。表面には干支と深いつながりのある8体のご本尊(阿弥陀如来、不動明王、大日如来、勢至菩薩、千手観音菩薩、虚空蔵菩薩、文殊菩薩、普賢菩薩)が持つ人を守護するといわれています。
  2. 金持神社で祈願してもらっている。裏面には「金運上昇」「勝運招来」「福徳富貴」「蓄財豊穣」の4つの祈願の文言と金持神社祈願の印がみえます。
  3. 名前を自筆で書き入れて完成する。特典で付いている油性ペンも金持ち神社で御祈願済みです。自分の名前を気持ちを込めて書くことは滅多にないことなので、あらためて自分の名前と向き合う良い機会にもなります。
  4. 名前を大事にすることでご先祖様との縁を感じさらに守護される。名前は先祖から受け継がれてくるもの。結婚を機に姓が変わった人もその名前とご縁があって今があります。普段、自分たちを守ってくれているご先祖様の守護をこの護符との縁で感じてみましょう。
  5. 金箔使用のラミネート加工。金運を呼ぶゴールド。風水では金運を呼ぶ強い色として位置づけられています。ゴールドカラーに囲まれた自分の名前が現実世界でも実現するといいですね。

☆開運尊名符は「ご先祖様」「8体のご本尊様」「金持神社」の力を借りて金運アップと開運を願った護符になっていますね!

⇒ 開運尊名符の注文ページ!

プレゼントにも最適!

ギフトボックス

2019年7月16日まで。

自分の名前を書き込んで完成する「開運尊名符」は水晶院のラッキーショップで販売されています。ご先祖様の守護をいただける由来の話なども詳しく書かれています。宝くじの特典と合わせて なんだか気になる方は護符とご縁があるのかも☆

良い護符とご縁がありますように♪


開運応援隊

※期間限定なのでご注意ください。

Author: えんぎやん

今日もいいことがある!前向きな気持ちが今と未来を明るくします☆ポジティブ思考と感謝、笑顔が開運のキーワードです。ぜひ、実践してみてください☆